忍者ブログ

いーぢートレーニング【感想・口コミ】

カテゴリー「いーぢートレーニング」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いーぢートレーニング 内容紹介

痔を改善するには!痔改善プログラム「いーぢートレーニング」

痔を改善するには!痔改善プログラム「いーぢートレーニング」




どこまでも続きそうな、彼との幸せな日々。

心身ともに落ち着いているせいか、それからしばらくは痔の症状が現れることは御座いませんでした。
既に治ったのでは無いかと思えた程です。

後に子供も生まれ、ささやかながら本当に幸福に満ちた生活を送ることができていました。

しかし、ある日。
庭で趣味のガーデニング作業をしていたときのこと。

土が入った重いタンブラーを持ち上げようと、腰を落とし全身に力を入れた瞬間でした。

『ズキン!』と、忘れかけていたあの激痛がお尻を駆け抜けました。
また、痔が再発したのです。

「どうして…なんでまた痔に…?」

思えば子供を出産したときに強く力んだせいか、
あの時から少しずつお尻に違和感を覚えるようになっていたような気がします。

ですが、今更そんなことを思ってもどうしようも御座いません。
こうして、再び塗り薬と座薬に頼る日々がはじまりました。

症状は日を追うごとに悪化。
ことあるごとに激痛と出血、更にはひどい臭いのする膿まで出てくるようになったのです。

炊事、掃除、洗濯…。何をするにも激痛が伴いました。
単に椅子に座るだけでも耐えられないときもあります。

瓶のフタを開ける等ちょっと力んだだけでも痛みと共に肛門が飛び出してくることもあり、
その度にトイレに駆け込んで涙ぐみながら指で肛門を押し戻しました。

出血がひどい時は生理用ナプキンをあてがうのですが、
そこからもはみ出してパンツのお尻が血に染まることもあります。

人からパンツに染みた血のことを指摘されたこともあります。
そのときはごまかすのが本当に大変でした…。

好きなガーデニングを余りしなくなったこと、主人との夜の営みを拒むようになったこと等、
わたしの様子の変化にさすがの主人もおかしいと感じるようになりました。

このままではいずれ、主人だけでなく周りにもバレる…。

そう考えたわたしは、ある決心をしました。
今までずっと避けてきた病院での診察を受けることにしたのです。





人目を避け、地元から離れた隣町の病院での診察。
通された診察室には、40代くらいの男性の医師が座っていました。

その人の前でお尻を見せることは、とても恥ずかしかったです。
しかし、もはやわたしには猶予等御座いませんでした。

実際に診察してもらったとき、わたしの痔の症状は本当にひどい状態にまでなっていたようで、
何故こんなになるまで放置していたのかとお叱りを受ける程でした。

直ぐに担当医から外科的な手術を勧められました。
手術…。そう聞くと、かなり怖いイメージが浮かんできます。

しかし話を聞くと、現在の手術は日帰りで行うことも出来る程手軽で、
主人にはバレずに処置可能と言う事で、それならとわたしは数日後に手術を受けることにしました。

そして手術当日。レーザーを使った手術はごく短時間で済み、
本当にこれで終わったのかと疑問に思える程簡単に患部を切除できました。

驚くことに、術後はあれ程わたしを苦しめてきた痛みや出血等、
痔の症状のいっさいが消えてなくなったのです!

こんなに簡単に治るなら、もっと早く手術を受ければ良かった…。

それからはまた、主人や子供とも今までとおりの生活ができ、
好きなガーデニングも思う存分楽しむことができました。

痔とは無縁の幸せな日々…今度こそ永遠に続くはず。
しかし、やはり痔は再発したのです。

「何故!? 手術までしたのに…」

あとで知ったことですが、痔は手術で切除したりしようが、
再発性の高さから何度でも何度でも蘇ってくる可能性があるのだそうです。


いーぢートレーニング

いーぢートレーニング

いーぢートレーニング

痔を改善するには!痔改善プログラム「いーぢートレーニング」

痔を改善するには!痔改善プログラム「いーぢートレーニング」

痔を改善するには!痔改善プログラム「いーぢートレーニング」

すぐに効果を実感!痔改善プログラム「いーぢートレーニング」

いーぢートレーニング



わたしも肛門周りに再びイボができていて、例のごとくトイレで用を足すときをはじめ、
日常のいろいろな場面で激痛や出血を伴うようになりました。

塗り薬、座薬、食生活の改善、健康管理の徹底、そして手術…
結局どれを取ってもわたしの痔を完全に治すことは出来ませんでした。

「もう、何をしても治らないのか…」

この現実に直面したわたしは、本当に目の前が真っ暗になりました。
何を試してもダメ…これ以上いったい何をしたら…。





このときからわたしは、自分は痔ではなく何か別の症状に罹っているのでは無いか?
そう考えるようになりました。

今まで以上にインターネットの情報や家庭の医学書、
いろいろな病気の専門書等を、時間が許す限り読み漁るようになったのです。

痔と関係ありそうな病気から、一見何の関係もなさそうな病気まで、
それら一つ一つの根本原因等を丹念に調べあげ、データに纏めていきました。

どうしてこんな研究みたいなことをつづけるのか?
あらゆる治療が無駄に終わり、半ば意地になっていたのかもしれません。

まったく無駄なことを続けているだけかもしれない。
それでも、わたしはこの独自の調査を何日も何ヶ月も続けていったのです。

また、自分で調査をつづけるとともに、世に出回っている痔改善方法と名のつくものは、
片っ端から試して見ることにもしました。

多少は効果のあるものもありましたが、大半はまったく効果のないインチキ療法ばかり。
やはりこんなものかと思いながらも、一つ一つ試していきました。

そんな中で出会った、ある一つの療法。
それは、わたしの運命を大きく変えるものとなりました。

それに関しては、どうせほかのものと同じで効果何てないだろうと、
半信半疑で試しただけに過ぎません。

所がその療法を続けて数日経ったある日のこと。
トイレで大きい用を足していたのですが、いつもより痛みが少ないように感じました。

アレ?と思いながらも、
たまたま調子の良い日だったのだろうと余り気にも止めませんでした。

しかしそれは単なる調子の善し悪しのせいではなかったのです。
その療法をつづける中で、わたしの痔の症状はドンドン改善に向かいました。

あんなに酷かった痛みや出血、膿等が次第に減っていき、
肛門周りのイボも少しずつ縮小していったのです。

「そんな、まさか…!?」
そう思いながらもしばらく続けてみた結果、驚くべきことが起こりました。

長年悩みのタネであった痔の症状は、まったく消え失せてしまいました。
そう、なんとわたしの痔は治ってしてしまったのです!

心配だった再発に関しても、その後いっさい現れることは御座いませんでした。
まさに奇跡としか言い様のないことが、ついにわたしに起きたのです。

こんなことがあってよいのか? いや、あって欲しいと願い続けていたことなのですが、
いざ本当に痔が無くなると余りの嬉しさにどうして良いのか分からなくなります。

かくして、わたしは痔の悩みのない快適な暮らしを手に入れたのです。
夢にまで見た、痛みも出血もない暮らしを…!


>>更に詳しい内容はこちらから
















PR

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

P R

Copyright ©  -- いーぢートレーニング【感想・口コミ】 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]